バスの安全点検とは

大型バスの安全装置とは

バスの走行の安全のための装置

バスはたくさんの人が利用するものであり、座っている人、たっているひと、小さい子供からお年寄りまで色々な人が乗っています。その全員の安全を守るための装置として、バスには手すりがたくさん設置されています。高い位置にあるもの、低い一にあるもの、上から釣られているものなど多様であり、どの位置に立っていても自分の身体を支えられるように設計されています。しかし、お年寄りや小さい子供は足腰も手の力も強くはないため、揺れが激しいと手すりに捕まっていても身体を支えることができないことがあります。そういう方には席の譲ってあげるのが、安全な走行のために必要です。

大型バスに安全装置はついてるか

近年、大型バスの事故が多くなっており、その対策に疑問を持っている人も多いかと思います。実は、車体の予防安全対策は進んできており、プリクラッシュセーフティシステムを装備している日野自動車の「セレガ」が販売されていたり、三菱ふそうの「エアロクイーン」「エアロエース」には蛇行運転や車線を逸脱した際に警告音・警告表示を示す運転注意力モニターが標準装備されています。また、高速道路ではシートベルトの着用が義務付けられ、シートベルトのない車両は高速道路を走れないなど、バスの安全装置は徐々に進化してきているのが現状です。

バスの安全装置情報

新着情報

↑PAGE TOP